ガラス作家・野田朗子-Glass Artist Akiko NODA

2021/07/14
個展7/30-8/13(HFGR, 六本木)
2021/04/02
個展4/21-27(京都高島屋)
2020/06/29
個展7/8-14(日本橋高島屋)
Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
Click here for hot news ↑ 

<2021主な個展予定>
2021/4/21-27(京都高島屋) 
2021/7/30-8/13(東京・六本木HFGR)

※作品集はこちらAmazonから 好評発売中! 

Works - Exhibitions

AKIKO NODA GLASS EXHIBITION‐Into Nature‐
2021年 7 月 30 日(金) ~ 2021 年 8 月13 日(金)
OPEN 11:00~19:00(最終日のみ17:00 まで) 日・祝休廊
在廊予定:7月30、31日 
 
オリンピックの時期に、ミッドタウン前のHideharu Fukasaku Gallery Roppongiで個展を開催します。
今回は、海、水、宇宙をイメージした壁掛などの新作を展示します。
コロナ禍中の自然と旅への熱い思いを表現しました。
ぜひご高覧ください。
 
 
<Concept>
ガラスの舟に乗って、自然にとけこむ旅へ―
コロナ禍の閉塞感の中で あたりまえだった平和な時を夢見て、ここではないどこかへ旅への想いを募らせる。
その中でも変わらない四季の美しさから自然のありがたさを再認識する。
その自然も感じられなくなる時がくるかもしれない。 
この瞬間、今も1日に100種の生物が絶滅している。
コロナもある意味、ウィルスという自然からの逆襲でもある。
どれだけ力を持っても私達は生物の一種に過ぎない。
地球の一員として自然を愛しむ心をいつも忘れないで、多様な人種、動物、植物、 全ての生物が共存していつまでも変わらない四季を感じたい。
 野田朗子
 
<ギャラリーより>
心、自然…うつろいゆくものの一瞬をとらえるというコンセプトで作られた野田さんの作品は優美で繊細な世界観で観るものを惹きつけます。主に月や蓮、海のモチーフで制作されており、時とともに形を変え、儚くうつろう様に美しさを感じます。それはまるで人々のうつろう心のありよう、日常を投影しているようです。
海や水、舟のオブジェ、壁掛を中心に、自然をモチーフにした作品が並ぶ予定になります。夏らしい爽やかな色合いと儚さの中にある自然の生命力を感じることが出来る事でしょう。美しい作品世界は現代人が忘れがちな自然への畏敬の念も思い起こさせてくれます。是非多くの方にご高覧頂ければ幸いです。
 
Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi 
  ( ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1
TEL: 03-5786-1505
ACCESS
*都営大江戸線「六本木駅」8 番出口 目の前
*東京メトロ日比谷線[ 六本木駅]4a 出口より徒歩3 分
*東京メトロ千代田線[ 乃木坂駅]3 番出口より徒歩3 分
※ミッドタウン正面の外苑東通りを渡った目の前のビルです。
※状況により、日時変更の可能性があります。上記ギャラリーHP,FBをご確認ください。
※マスクの着用をお願いいたします。

< リストに戻る

Page Top