ガラス作家・野田朗子-Glass Artist Akiko NODA

2017/11/16
2017 AAF in London(アートフェア、ロンドン)
2017/08/18
2017 個展(高島屋、京都)solo exhibition (Kyoto)
2017/08/17
2017 個展(高台寺圓徳院、京都)solo exhibition (Kyoto)
<2017-2018主な個展予定>
2018/7/4-10(大阪高島屋)
2017/7/19-25(京都高島屋)
2017/5/26-6/27(高台寺圓徳院)

※作品集はこちらから 好評発売中! 

News

2016/04/01

個展(日本橋高島屋)4/27-6/7

4月27日から日本橋高島屋にて、個展「野田朗子―Lotus Shine-」を開催いたします。

日々の自然のうつろいを心のうつろいに重ねて、命のゆらぎをさまざまなガラス技法で形にしています。

蓮の凛とした生き方を女性に重ね、一瞬の輝きをガラスの光と影で表現したオブジェ、器などを展観いたします。

akikonodaglassworks

 

蓮の作品は、東京藝術大学大学院の時から取り組んでいるシリーズです。

蓮は、蓮は、古くから、生命の母、愛、豊穣、平和の象徴として愛でられてきました。

種は何千年と生きて長い時間をかけて発芽するのに、咲くのはたった三日間。

そして、きれいな水ではなく泥水でないと、大輪の花を咲かせません。

そんな蓮の一生は、人と通じるものがあります。

 

制作方法は、主にキルンワークといわれる技法(パート・ド・ヴェールも含む技法)で、

粘土等で原型を作り、一つずつ一回きりの石膏型をとり、彫刻し、

粉砕したガラスを埋め込んだり並べたりして、焼成し、

窯から出てきた石膏型を壊し、取り出したガラスを削って加工して完成します。

吹きガラスと比べると非常に時間と手間のかかる技法で、微妙な窯の温度管理で一つずつ表情が変わってきます。

この一瞬をとどめた作品をお楽しみください。

 

2階アートアベニューはGUCCIなどの高級ブランドショップの前に宝石箱のようなショーケースがずらっと10数ケース並んでいます。

そのケース全部に私のガラス作品が入ります。

美術画廊では味わえない明るいキラキラした照明がより一層ガラスを引き立ててくれそうです。

あわせて6階美術画廊にも1ケース展示されますのでお忘れなく(*^_^*)

 

会期    2016年4月27日(水)~6月7日(火)

会場    日本橋高島屋2階アートアベニュー    ※6階美術画廊にも1ケース展示します

                                 東京都中央区日本橋2-4-1 TEL.(03)3211‐4111(代表)

                                 JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分、東京メトロ 銀座線・東西線「日本橋駅」B2出口、都営地下鉄 浅草線「日本橋駅」から徒歩4分

営業時間  午前10時30分~午後7時30分(最終日は午後5時閉場)

         ※4月から営業時間が変わりました。

 

日本橋タカシマヤHP●http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/#os7045

 

 

< News一覧

Page Top