ガラス作家・野田朗子-Glass Artist Akiko NODA

2021/11/03
KOGEI NEXT展11/5-6(六本木ヒルズ)
2021/11/03
京都のものづくり展11/4-9(銀座蔦屋書店)
2021/07/14
個展7/30-8/13(HFGR, 六本木)
Visit Us On TwitterVisit Us On FacebookVisit Us On Instagram
Click here for hot news ↑ 

<2021主な個展予定>
2021/4/21-27(京都高島屋) 
2021/7/30-8/13(東京・六本木HFGR)

※作品集はこちらAmazonから 好評発売中! 

Works - Sculpture

sclupture-2009-everlas

The Everlasting Time

2009
H11×W47 x D35Hcm
キルンキャスト、宙吹き、研磨
kiln cast, blown, polish

sclupture-2009-everlas2

400年前、はじめて天体望遠鏡を使って宇宙を観測したガリレオ・ガリレイ―。
現在の私たちが見る宇宙と17世紀のガリレオが見た宇宙はさほど変わらない。
400年という年月も、銀河の百数十億年の歴史からみれば一瞬にすぎないから。
 
しかし、その間に私たちの生活も地球環境も大きく変化した。
たった数十年の人類の営みが、
地球の歴史を変えてしまうほどの影響力を持っているのも事実である。

悠久の時なのか、一瞬なのか。
それは紙一重で、捉え方ひとつでどちらにも転ぶ。

空を見上げて、宇宙の誕生や果てに思いをはせたり、家族や大切な人を思う。
科学は確かに進歩したが、
人間の根本的な思いはガリレオの頃と何も変わっていないのかもしれない。

空だけでなく、
毎日さまざまな表情を見せてくれる身近な地上の自然・風景も、
私たちの生き様も、まぎれもなく宇宙の一部である。

あなたは何に宇宙を感じますか?
その宇宙に何を思い、どんな時を刻みますか?

sclupture-2009-everlas3

sclupture-2009-everlas5

sclupture-2009-everlas6

< リストに戻る

Page Top